提携パイプライン

提携パイプラインには、AstraZeneca 社やAbbVie社などの大手製薬会社へ導出したものや、Pfizer社、ジェネンテック社、GSK社、武田薬品などとの連携プロジェクトが含まれます。当社の提携パートナーは、当社がSBDDプラットフォームを用いて見いだした複数の候補薬の開発を行っています。このような主要な製薬企業と連携に至ったことは当社のGPCRの技術およびSBDDプラットフォームの可性能が評価されたということと同時に、前払い一時金やマイルストン等の多様な収益源の確保にもつながります。

また提携パイプラインには、利益とリスクを共有する共同開発も含まれます。

GPCRパイプライン提携プログラム(ライセンスアウト)

第II相

アデノシンA2a受容体拮抗薬

試験薬剤名: AZD4635 / imaradenant

適応: 転移性去勢抵抗性前立腺癌

モダリティ: 低分子薬

提携企業:


AZD4635は当社グループが創製した低分子のアデノシンA2a受容体拮抗薬で、2015年にAstraZeneca社に導出しました。腫瘍微小環境においてアデノシンが産生されるのを阻害する手法は、がん免疫治療において急速に成長しているアプローチのひとつで、研究開発中のA2a受容体拮抗薬の中でも最も進んだ候補薬です。現在、転移性去勢抵抗性前立腺がんの患者さまを対象として第II相臨床試験を行っており、第一患者群はAstraZeneca社の抗PD-L1抗体デュルバルマブ(イミフィンジ®)との併用、第二患者群はイミフィンジ®とCabazitaxelとの3剤併用で試験を進めていきます。

また、並行して、進行した固形がんの患者を対象として第Ⅰ相試験が進捗中です。

AZD4635は溶解性、有効性、選択性に優れた低分子薬であり、局所的に高いアデノシン濃度が見られた場合でも高用量での投与が可能です。

+ 臨床試験

+ プレスリリース

+ ポスターおよび公表文献 (英語のみ  一部日本語あり)

第Ⅰ相

GLP-1作動薬

試験薬剤名: PF-07081532

適応: 2型糖尿病/ 肥満

モダリティ: 低分子薬

提携企業:


2015年、当社グループは、Pfizer社との間で、Pfizer社が選択した複数の治療領域における最大10種のGPCR標的に関する新規医薬品の開発に係る戦略的提携契約を締結しました。選択された標的は、それぞれの疾患への重要な治療介入点として、既に確固とした臨床的、生物学的検証がなされておりますが、従来の創薬アプローチでの探索は大変困難であると確認されていました。そのためこれまでの医薬品は効果が不十分か、未承認という状況でした。

提携開始以降、当社グループはStaR®タンパク質、X線構造解析、リード分子薬導出や新たな知的財産権取得など、複数の成果を生み出してきました。2019年12月、当社グループは、Pfizer社との複数のGタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとした創薬に関する戦略的提携により選定された新規開発候補品を、ヒトへ初投与する臨床試験が開始されたことを通知されました。

+ プレスリリース

第Ⅰ相

CCR6拮抗薬

試験薬剤名: PF-07054894

適応: 炎症性腸疾患

モダリティ: 低分子薬

提携企業:


2015年、当社グループは、Pfizer社との間で、Pfizer社が選択した複数の治療領域における最大10種のGPCR標的に関する新規医薬品の開発に係る戦略的提携契約を締結しました。選択された標的は、それぞれの疾患への重要な治療介入点として、既に確固とした臨床的、生物学的検証がなされておりますが、従来の創薬アプローチでの探索は大変困難であると確認されていました。そのためこれまでの医薬品は効果が不十分か、未承認という状況でした。

提携開始以降、当社グループはStaR®タンパク質、X線構造解析、リード分子薬導出や新たな知的財産権取得など、複数の成果を生み出してきました。

+ プレスリリース

第Ⅰ相

MC4 拮抗薬

試験薬剤名: PF-07258669

適応: 拒食症

モダリティ: 低分子薬

提携企業:


2015年、当社グループは、Pfizer社との間で、Pfizer社が選択した複数の治療領域における最大10種のGPCR標的に関する新規医薬品の開発に係る戦略的提携契約を締結しました。選択された標的は、それぞれの疾患への重要な治療介入点として、既に確固とした臨床的、生物学的検証がなされておりますが、従来の創薬アプローチでの探索は大変困難であると確認されていました。そのためこれまでの医薬品は効果が不十分か、未承認という状況でした。

提携開始以降、当社グループはStaR®タンパク質、X線構造解析、リード分子薬導出や新たな知的財産権取得など、複数の成果を生み出してきました。

+ プレスリリース

前臨床

GPR35 作動薬

適応: 炎症性腸疾患・消化器免疫疾患

モダリティ: 低分子薬

提携企業:


2020年12月、当社グループは、GlaxoSmithKline plc.とグローバルな研究開発提携およびライセンス契約を締結しました。本契約は、世界中の何百万人もの患者の深刻なアンメットニーズが存在する炎症性腸疾患(IBD)およびその他の消化器免疫疾患において、遺伝学的に関連するオーファンGタンパク質共役受容体(GPCR)であるGPR35受容体に対する選択的経口低分子作動薬の創薬および開発を対象としています。

 

+ プレスリリース

創薬

Pfizer社との提携

適応: 複数の治療領域

モダリティ: 低分子薬およびモノクローナル抗体

提携企業:


2015年、当社グループは、Pfizer社との間で、Pfizer社が選択した複数の治療領域における最大10種のGPCR標的に関する新規医薬品の開発に係る戦略的提携契約を締結しました。選択された標的は、それぞれの疾患への重要な治療介入点として、既に確固とした臨床的、生物学的検証がなされておりますが、従来の創薬アプローチでの探索は大変困難であると確認されていました。そのためこれまでの医薬品は効果が不十分か、未承認という状況でした。

提携開始以降、当社グループはStaR®タンパク質、X線構造解析、リード分子薬導出や新たな知的財産権取得など、複数の成果を生み出してきました。

+ プレスリリース

創薬

ジェネンテック社との提携

適応: 複数の治療領域

モダリティ: 低分子および/または生物学的製剤

提携企業:


2019年、当社グループは、ジェネンテック社との間で、広範な疾患領域における複数のGPCRターゲットに対する新規医薬品(低分子および/またはバイオ医薬品)の開発について、ジェネンテック社と共同研究およびライセンスに関する提携契約を締結しました。ジェネンテック社が選定したこれらのGPCRターゲットは、広範な疾患の新たな作用部位として高く期待されるものです。

+ プレスリリース

創薬

武田薬品との提携

適応: 消化器系疾患および複数の治療領域

モダリティ: 低分子および/または生物学的製剤

提携企業:


2019年、当社グループは、武田薬品との間で、同社の選定する複数のGPCRターゲットに作用する低分子およびバイオ医薬品を含む新規医薬品の研究開発・製品化に関する戦略的提携契約を締結したことを発表しました。選定されたGPCRターゲットは、広範な疾患の新たな作用部位となるものです。本提携では、当初、良い治療薬の出現が高く望まれている消化器系疾患に注力しますが、本契約ではその他の疾患へも対象を拡大する予定です。

+ プレスリリース

創薬

アッヴィとの提携

適応: 炎症性疾患・自己免疫疾患

モダリティ: 低分子

提携企業:


当社グループは2020年、アッヴィと独占的創薬提携及びライセンス契約のオプションに関する契約を締結しました。この提携により、アッヴィが選定したGタンパク質共役受容体(GPCR)ターゲットに作用する新規医薬品の研究開発と商品化を目指し、当面は炎症性疾患及び自己免疫疾患を標的とする新規低分子の創薬に注力します。

+ プレスリリース

GPCRパイプライン・プログラムに関する提携(利益分配/共同開発)

前臨床

CXCR4 mAb

試験薬剤名: KY1051

適応: がん免疫

モダリティ: モノクローナル抗体

提携企業:


2016年、当社グループとKymab社は、主にがん免疫療法の領域において複数のGPCRを標的とした新規抗体薬の研究開発ならびに商業化に関する戦略的提携を締結しました。

GPCRは自然免疫系および適応免疫系の細胞に広く発現しており、細胞の遊走運動や腫瘍周辺への動員、活性化、生存延長、増殖や分化の調整において主要な役割を果たしています。また、GPCRは新規がん免疫抗体治療薬の標的となり得る、重要なチェックポイントに関与していることが知られています。

本提携によって、当社グループはStaR® 基盤技術を活用して、両社が選択した複数のGPCRを標的として、安定化した抗原を作製します。Kymab社はIntelliSelect™ と呼ばれるトランスジェニックプラットフォームを使用して、これらの抗原による免疫に反応して抗体を作製します。画期的な製品を臨床に進めるために、両社が相補的に有しているスキル、リソース、開発力を活かして有望なリード抗体の開発を共同で進めます。本提携において各抗体の研究開発は共同で行い、開発コストは両社で負担します。

KY1051は、免疫系と腫瘍の微小環境を調節するのに重要な役割を果たすケモカイン受容体であるCXCR4に結合する抗体です。 KY1051は、CXCR4とそのリガンドCXCL12との結合を中和します。これにより、さまざまな悪性腫瘍における免疫チェックポイント療法と組み合わせた治療が可能になると考えています。

+ プレスリリース

創薬

PAR2 ペプチド治療薬

適応: 炎症

モダリティ: ペプチド

提携企業:


2017年、当社グループはペプチドリーム社との間で、炎症性疾患の治療において重要な役割を持つGPCRの一つである、プロテアーゼ活性化受容体2(PAR-2)を標的とする新規治療薬の研究開発・商業化を目的とした、戦略的提携契約を締結しました。

この提携では、両社の持つプラットフォーム、および非臨床・臨床段階における開発力を発揮します。当社グループは、両社が選択したGPCR標的に対して、当社グループのStaR®プラットフォームおよび三次元構造に関する知見を用いた研究を行います。ペプチドリーム社 は、独自の創薬開発プラットフォームシステムPDPS(Peptide Discovery Platform System)の技術を用いて、GPCR標的に対する特殊環状ペプチドを特定し、更なる開発のためにヒットペプチドもしくは低分子薬を最適化します。両社の技術を用いて有望なリード化合物を特定し、両社が有する相補的なスキル、リソース、開発力を活用し、臨床に進めることを目指します。両社は共同で研究開発プログラムを実施し、そのコストを分担し、得られた全ての製品を共同所有します。

+ プレスリリース

創薬

標的タンパク質分解誘導薬

適応: 消化器疾患

モダリティ: 低分子

提携企業:


2020年12月、Sosei HeptaresとCaptor Therapeutics SAは、GPCR の分解を誘導するメカニズムを持つ新規低分子治療薬を共同で創薬・開発するための戦略的技術提携を締結しました。機能性低分子化合物による標的タンパク質分解誘導薬(Targeted Protein Degradation(TPD)は、タンパク質を分解する人体に本来備わっている自然なプロセスを利用し、病気の原因となるタンパク質を取り除くというアプローチです。このようなタンパク質の選択的分解は、幅広い疾患に対する新しい治療法の開発において、阻害剤や抗体などの従来の薬剤に比べてさまざまな利点があると期待されています。

+ プレスリリース

創薬

PharmEnable社とのAI創薬における技術提携

適応: 神経疾患

モダリティ: 低分子

提携企業:


2021年1月、当社グループは英国の創薬企業であるPharmEnable社と、両社のテクノロジーを応用し、神経疾患でこれまで創薬困難だったGタンパク質共役受容体に対する、新薬創出を目的とした技術提携契約を締結しました。

この提携により、GPCRの完全な構造解析を可能にし、詳細な構造的知見を見いだせる能力および技術的な扱いやすさで定評のある当社グループのGPCR構造ベース創薬プラットフォームと、人工知能(AI)・医薬品化学に基づくPharmEnable社独自の先進テクノロジー(ChemUniverseおよびChemSeek)を融合することができます。これにより、非常に特異性の高い新規リード化合物を特定し、さらなる開発を進めることが可能となります。

PharmEnable社のアプローチとの融合により、従来のスクリーニング方法と比較してより特異性が高い三次元(3D)構造の医薬品候補化合物を見出すことができ、これまでのアプローチでは創薬困難だったペプチド作動性GPCRなどをターゲットとすることが可能になります。

 

+ プレスリリース

創薬

InveniAI社との提携

適応: 免疫疾患

モダリティ: 低分子

提携企業:


2021年7月、当社グループはAIおよび機械学習(ML)を応用し、創薬と開発におけるイノベーションに革新をもたらす世界的リーダーである InveniAI社と、新規研究開発提携を開始しました。

本提携の目的は、新薬創出のために AI と ML を用いることで、疾患に関与する免疫調節経路における GPCR の役割について論理的な根拠を見出し、免疫疾患領域における新規治療薬のコンセプトを特定することです。そして、これらのターゲットを SBDD の基礎として活用し、既に市販されている免疫治療薬より反応性が改善された新規化合物を創出することを目指します。

 

+ プレスリリース

創薬

イオンチャネル

適応: 神経疾患

モダリティ: 低分子

提携企業:


2021年2月、当社グループはイオンチャネルを専門とするCROおよび創薬企業であるMetrion Biosciences Limited(以下、「Metrion社」)と、当社グループの構造ベース創薬(SBDD)技術を含むプラットフォームを、イオンチャネルに初めて応用するための新規技術提携契約を締結しました。

イオンチャネルは、細胞内外でシグナルを伝達する手段として、細胞膜を通過するイオンの流れを制御する内在性膜タンパク質のカテゴリーの一つです。イオンチャネルは、特に神経疾患や心血管疾患に関連することが知られた創薬ターゲットですが、多くは創薬されていないか創薬が不十分なままであり、構造ベース創薬技術によって、これらが進展する可能性があります。 本提携は、Gタンパク質共役型受容体(GPCR)に対する創薬と同じく、イオンチャネルに対する創薬にも当社グループのSBDD技術が応用できる可能性を示し、この分野でのリーダーとしての地位を確立することを目的としています。

最初のステップとして、当社グループとMetrion社はそれぞれの専門的知見を組み合わせ、神経疾患に関連する一つのイオンチャネルに対し、新規かつ特異性の高いリード化合物の特定を目指します。

 

 

+ プレスリリース

アセット特化企業

第Ⅰ 相

mGlu5 NAM

試験薬剤名: HTL0014242(TMP-301)

適応: 物質使用障害・不安障害

モダリティ: 低分子薬

会社:


HTL0014242は神経性疾患の治療薬として当社グループが創薬した低分子薬で、代謝性グルタミン酸受容体(mGlu5)に強力かつ選択的に作用するネガティブアロステリック調節因子(NAMs)です。

2020年11月、当社グループはTempero Bio社とHTL0014242の全世界における独占的な開発・販売権に関するライセンス契約を締結しました。Tempero Bio社は、HTL0014242を含むmGlu5NAMプログラムの開発を行うために、Aditum Bio社が当社グループと共同で設立した新会社で、今後Aditum Bio社がTempero Bio社に対して資金提供を行います。本契約の条件に基づき、Tempero Bio 社は、GPCR 構造ベース創薬(SBDD)プラットフォームを活用して、HTL0014242 を含む、強力で経口投与が可能 な代謝型グルタミン酸受容体 5(mGlu5)NAM のポートフォリオに関するグローバルでの独占的権利を取得し、まずは物質使用障害及び不安障害での開発が進む予定です。開発候補品 HTL0014242 の開発コード名は今後 TMP301 に変更されます。

+ プレスリリース

+ 記事・掲載論文  (英語のみ 一部日本語あり)

創薬

オレキシン作動薬

適応: ナルコレプシー

モダリティ: 低分子薬

会社:


2019年2月、当社グループとMedicxi社によって設立されたOrexia LimitedおよびInexia Limitedからなる新会社Orexia Therapeutics Limited(以下、「Orexia社」)は、Centessa社に統合されました。 Orexia社は、構造ベース創薬を用いて、経口および経鼻投与によるオレキシン受容体作動薬を開発しています。これらの作動薬はナルコレプシー1型の治療を目指しており、オレキシン産生ニューロンの脱落の基礎病理、および日中の過剰な眠気を特徴とする他の神経障害に直接作用する可能性があります。

Orexia社は、高度に検証されたプログラムを前進させるために設立されたアセット特化型医薬品企業、CentessaPharmaceuticalsの子会社です。

+ プレスリリース

その他のパイプライン・プログラムに関する提携