知識

開発

SBDDによる選択的SST5受容体ペプチド作動薬HTL0030310の同定

By Miles Congreve | Mar 29, 2022

Sosei HeptaresのCSOであるMiles Congreveは、ACS Spring 2022において、SBDDによる新規選択的SST5アゴニストHTL0030310の同定についてポスター発表しました。

 

要旨

ソマトスタチンは、下垂体からの成長ホルモン(GH)分泌を抑制し、膵臓からのグルカゴンおよびインスリン分泌を抑制してグルコース恒常性を制御する生理的な役割を担うペプチドホルモンです。我々は、SST5受容体の活性化がGH分泌に影響を与えることなく血糖を上昇させるという仮説を検証するために、SST5受容体サブタイプ選択的アゴニストの設計に着手しました。このような薬剤は、先天性高インスリン血症(CHI)や肥満手術後低血糖症(PBSH)などの低血糖症の治療に適している可能性があります。

ポスターを見る